十姉妹『殿姫』の観察日記

2007年12月29日

しおれた小松菜

         我が家では青菜は、短くしっかり差し込むのが鉄則です 
       CIMG4503.JPG
             以前、こんな事があったからです


  ある日、帰宅するやいなや、何やら姫がギャーギャー騒いでいたのですが
   CIMG4290.JPG
    特に異変を感じない光景だったので、私はその場を去りました

   姫が騒ぎ止まないので、10分後、再び見に行ってやっと気付きました
CIMG4289.JPG
        しなびた小松菜が殿の一本道を遮っていたのです


   慌てて私は小松菜を取り除きました
CIMG4310.JPG

        いつから殿は動けなかったのでしょう
      CIMG4312.JPG

                私は、なぜ姫のSOSを無視したのでしょう
            CIMG4314.JPG


  数えきれない反省点を噛締めながら、ふと 姫の不思議 に気付きます
  姫はじっとしている殿を見て 「困っている」 と、どうして分かるのでしょうCIMG4165.JPG
          殿の目が不自由な事を、理解しているのでしょうか


      
posted by chiaki at 16:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

パブロフの「殿」

         殿 「毎日夕方、鈴の音と共に天井が開くんだ」
         CIMG4406.JPG
          

     殿 「そしてコンコンと叩く音がしたら、お風呂が設置された合図」
CIMG4409.JPG CIMG4410.JPG
    

          殿 「嘴で足場を確認しながら一歩踏み出して水を一口」
CIMG4323.JPG
         「深さまで分からないけれど、信じて飛び込めば」

             「必ず止まり木が僕を支えてくれる」
          CIMG4335.JPG
            「僕は水浴びを、毎日絶対に欠かかさないんだ」
posted by chiaki at 14:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

こより収集

  姫 「もうすぐ玄関が開く時間なんだ」
CIMG4816.JPG    「さあ出勤だ今日も元気に働くぞ」 
                 CIMG4796.JPG


「僕の仕事、それは飼い主さんが置いたこよりを」 
CIMG4691.JPG     exclamationすかさずキャッチexclamationダッシュ(走り出すさま)
                 CIMG4668.JPG


     姫 「そして愛する殿に届ける事さ」
CIMG4768.JPG

                 「これを何度も何度も繰り返すのさ  何度も何度も」
         CIMG4757.JPG
               「最近、放鳥タイムの僕は、とっても忙しくなったのだ」
posted by chiaki at 12:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。