十姉妹『殿姫』の観察日記

2008年09月30日

「姫」  私のエンジェル


今日、姫が亡くなりました

丸くなっている姫をみて、保温対策を施したのは昨日の事でした

CIMG5900.JPG

今朝、姫は餌も食べず、寝床の隅でうずくまっていました

私はエアコンを全開にし、姫を見守りました

ペレットを水で溶かし、ストローで与えてみました

コクコク美味しそうに飲んだので続けて与えました

1滴・2滴・3滴・・・・5滴。

突然、姫が口を開け、苦しみ出しました

呼吸はどんどん小刻みになり

嘴からピューピュー悲鳴のような吐息が聞こえます

気道が塞がった!?

指先で姫の姿勢を変えるも状況は変わりません

姫の苦しむ時間は永遠の様に続きます

何分経ったでしょう。閉じていた姫の瞳がカッと見開きました

そして、あえぐように痙攣をします

コック・コック・・・コック・・・・コック・・・

姫の首がゆっくり下がってゆきました

瞳が静かに閉じていきます

姫は窒息死しました

小さな命は、計り知れない苦痛の彼方へ去っていったのです

CIMG5637.JPG

私は姫を手の平にすくいました

自力で病と戦っていた姫に、私は何て余計な事をしてしまったんだろう

静かに眠る姫を、殿の側にかえしました

姫が苦しむ間、心配そうにずっと寄り添っていた殿

なのにもう、目の見えない殿は、姫を見つける事も出来ません

止まり木の端から端までウロウロしては、ピーッと叫び声をあげ

落っこちるように下に降りては、隅々まで徘徊します

それを何度も何度も繰り返します いつまでもいつまでも繰り返します

殿、姫はいつもの寝床に居るよ、ほら、今、君の目の前なのに・・

CIMG3158.JPG

姫は、以前一羽で暮していた殿の「友達」として招きました

最初、殿は姫を受け入れませんでした

私も、元気な姫より、病気がちな殿ばかり気に掛けていました

でも姫は殿を慕い、陽気に歌い続けました

本当に健気で優しいコでした

もしエンジェルが実在するとしたら、それは姫、君の事だよ

私はもっともっと君を大切にしなければいけなかったね

CIMG4168.JPG



             沢山の十姉妹が所狭しとひしめき合う

             そんなペットショップの鳥カゴから

              私は以前「殿」一羽を連れ出した



                  そしてもう一羽

             同じ場所から 我が家に招き入れるべく

            小さな「命」を選び、小さな箱で連れて来た

                
                 その名は「姫」

CIMG4035.JPG

           このブログは、今日で幕を閉じます


        悲しい終わり方になった事を深くお詫び申し上げます

         訪れてくださった、小鳥を愛する心優しい方々


              本当に有難うございました
posted by chiaki at 13:25| 大阪 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | 私の「姫」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

てんとう虫

        カゴを開けるやいなや、殿は飛び立つようになりました
        CIMG5882.JPG

    私は、そんな殿を空中ですくい上げ、ジャングルジムへ導きます
CIMG5776.JPG
        殿はヨチヨチと、高い処を目指し登っていきます


        そして、ジャングルジムの頂上に辿り着いたら
     CIMG5862.JPG
        ( この時点から、姫は心配そうに、叫び出します )


                今度は照明へ向って飛び立ちます
        CIMG5782.JPG
              基本的に明るい処を目指して飛びます
          なので、照明が消えてると、窓の方向へ飛びます



殿、知ってる?てんとう虫って「お天道様」に向って飛ぶからてんとう虫って言うんだって
君の瞳は、もはや「物の形」を捉える事は無く、唯一確認できるのは「光」のみ
だから君はてんとう虫のように一直線に「光」を追うようになったのかな

殿、好きなだけ飛びなネ
心配ないよ、私がちゃんと受け止めてあげるから
どんなに手が掛かっても構わないから

忘れようとした飛ぶ喜びをかみしめ、眠っていた翼を蘇らせ
そうやって君は元気に生きていくんだから
posted by chiaki at 19:22| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上に行きたい

殿が飛ばなくなって、どれくらい経つでしょう・・もう興味が無くなったのでしょうか・・?
CIMG5723.JPG
ところが最近、殿は上ばかり仰ぎます。視線の先にはジャングルジムが在ります


                そして今日、遂に羽ばたきました
    しかし上昇力はまるでなく、パラシュートのようにゆっくり落下するだけです


        私は殿を受け止め、上空のジャングルジムへ招待しました
       CIMG5731.JPG


   キョトンとする殿。ロープだった素材がチューブに代わっているからでしょう
CIMG5769.JPG
   たどたどしい足取りで、ジャングルジムの感触を確かめたら・・・


                  嬉しそうに歌いだしました
       CIMG5753.JPG
 「殿はカゴの淵で満足している」 そう思っていたのは私の勝手な解釈でした
怖くて飛んでいけなかっただけで、本当は、広い所で遊びたかったのです
posted by chiaki at 17:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抱卵ごっこ?

               今日も殿は寝床でモジモジモジ
       CIMG4922.JPG
         姫が入ってくると、殿は立ち上がり、餌場へGO



   そして今度は姫がモジモジモジ・・・同じ場所を引き続き温めます
CIMG5073.JPG
       自由時間を交互に取る、何とも不思議なライフスタイル

       
            でも君達、一体何を熱心に温めているの?
posted by chiaki at 01:36| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想像抱卵?

  最近、殿は排便をマメにせず、お腹に糞を溜め込むようになりました
      CIMG4514.JPG
     そして寝床で一日中、何かを温めている様にモジモジしています

       抱卵中の親鳥が、この様な状態になるらしいのですが・・・
CIMG4518.JPG
     もしかして殿、キミにそのスイッチが入ってしまっているのかい?
           想像妊娠ならぬ、想像抱卵?

             殿、子供が欲しいのかな・・・・
posted by chiaki at 01:08| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

秘密の出入口

    放鳥タイム、殿がカゴへ帰ったら、鈴を鳴らして天井を閉鎖します
     CIMG5660.JPG
    そうしないと、殿は落ちついて日常のリズムに戻れないからです


  ただ遊び足りない姫の為、小さな出入口はコッソリ開放したままです
CIMG5539.JPG
             殿はこの出入り口の存在を知りません

         なので前を通っても、決して出ることはありません
  CIMG5553.JPG
       殿の目が見えてた頃、開ける習慣がなかったからです


   でも時々、飛んでゆく姫の羽音を聞いて、不思議そうな表情を見せます
       CIMG5556.JPG
            殿の目が不自由な事を利用した隠し事
     良かれと思ってしているとはいえ、なんとなく罪悪感を感じます
posted by chiaki at 18:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよならジャングルジム

    殿姫が気に入って、愛用してくれている小鳥ジャングルジムですが
CIMG5158.JPG
            今日でお別れすることにしました


  素材がロープなので、どうしても汚れやホツレが生じるのが悩みの種でした
CIMG5163.JPG


   マメに手入れしても、清潔さ保つのは困難と判断し、思い切って解体
CIMG5167.JPG


             そして、こんにちわ、新ジャングルジム
CIMG5164.JPG
          反省点を生かして、素材はチューブに変更です
posted by chiaki at 17:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殿の大冒険

殿 「僕の白内障に気付いた時、飼い主さんは糞きり網を撤去したんだ」
CIMG5378.JPG
         「僕が足を踏み落としたら危険だから、だって」


      殿 「飼い主さんは甘いのだ。僕のウンチつつきは再開さ」
CIMG5371.JPG
今日も地面に降り立ちクンクンクン。おかしいな、近くに在るハズなのに見つからない

       「ついでに僕の帰り道も分からない・・・僕は今、何処に居るの?」

「ウンチの事はスッカリ忘れ、迷宮をさまよい続けていると、やがてコツンと首にぶつかるモノがある」
CIMG5480.JPG
「それは止まり木、旅の終着点である低い止まり木、僕の日常への道しるべ」

               「そう、僕は無事に帰れたのだ」

「僕が懲りずに無謀な冒険を繰り出すのは、この止まり木の存在を知っているからさ」
    


posted by chiaki at 17:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。