十姉妹『殿姫』の観察日記

2009年02月27日

雀さん

               
            殿 「外はピューピュー風の音、冷たい雨が地面を叩く」

  「こんな朝は、何かが足りない。 そう、空を飛び交うの雀さん達の声が無い」

「僕は羨ましくって、窓越しにピーピー呼びかけた。返事なんか一度も無かったけど」
              
        「いつも雀さん達から、元気を分けて貰って生きてきた」
CIMG6970.JPG

              
           「きっと腹ペコ雀さん、濡れた羽に凍える体」
         
     「太陽さん、どうか太陽さん、どうか明日は大地を照らしてください」

            「みんなみんな、震えながら待っている」





先週、TVで、雀が減ってきたという報道がありました。
私は雀が大好きです。 本当に、子供の頃から大好きです。
春にはカワイイ雛達を見せてくれます。
ですがその多くが、冬を越せずに飢えて息絶えるといいます。

害鳥として、駆除され続けてきた歴史を背負いつつも、人間の元で生活し
逆境の中を生き延び、その命を子孫に繋げてきた彼等の姿は逞しく
私は寒空を飛ぶ雀達を目にする度に、秘かに応援してやみません。




posted by chiaki at 13:06| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

Ω(オメガ)水浴び器

 
        殿 「ここんとこ、僕は水にポチャンするのが怖くなった」
       CIMG6764.JPG 
         「だからいつも、顔だけ洗って水浴びは終了さ」


         「そしたら今日、変な場所へ連れて行かれたんだ」
CIMG7333.JPG
       「右へ行ったら行き止まり、、左へ行ったら・・・・・

               ・・・・・・・・いつの間にか、足はチャプンと水の中」
CIMG7346.JPG
      「最初は状況がわからなくて、ジッと固まってしまったんだけど」


CIMG7348.JPG  
                        なんとなく

       CIMG7363.JPG 
                              分ったんだ

      
             CIMG7392.JPG
                        そしたら飼い主さん大はしゃぎexclamation×2       



この不思議な止まり木、僕に、さりげなく入浴させるのが目的だったらしいんだ
CIMG7400.JPG
       いつも僕の為に、色々と作ってくれて嬉しいけど、 
         僕はその度に戸惑っちゃうんだよねあせあせ(飛び散る汗)


posted by chiaki at 19:51| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 小鳥のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

強くなれ!!

         殿は最近、頻繁に地面に降りるようになりました。
CIMG7203.JPG
      そして帰り道が見つからず、困ってソワソワする事もしばしば・・

  そんな場面を見ても、私は助けません。手を貸したい気持ちをグッとこらえます



             常に側で守ってやれるわけではないから・・・
             いつも一緒にいてあげれるわけないから・・・
        CIMG7212.JPG


                だから強くなれ、殿、強くなれ!!
                  CIMG7213.JPG

                  自分を頼りに出来るように


         
posted by chiaki at 12:22| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

ワラ拾い

           飼い主さんは毎朝、、寝床にワラを捲いてくれる
        CIMG6836.JPG
    でも僕、ぶんぶん振り回しては寝床の外に落とすから、スグなくなっちゃうんだ


そしたら飼い主さん、籠の前を通るたびに落ちたワラを拾っては、僕に返してくれる
CIMG6481.JPG CIMG6479.JPG
        きっと飼い主さん、姫の代わりをしようとしてくれているんだ
        姫は一日中、僕の落とす巣材を、拾い集めてくれてたから

    ・・・有難う、飼い主さん。 でもイイんだ、そこまでしてくれなくてイイんだ・・・


実は僕、拾いに降りているんだよ。嘴を地面に滑らせて、咥えてはポロリ、ポロリ
CIMG7192.JPG
    寝床に持ち帰るまでは出来ないから、全然気が付かなかったでしょう?

            僕は僕なりに、今の環境を楽しんでるよ
posted by chiaki at 14:17| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。