十姉妹『殿姫』の観察日記

2009年03月07日

殿のお留守番

            「じゃあね殿、行ってくるね」 

   私の声を聞くと殿は、スーイスイと寝床に移動して、定位置にたたずみます
          これは「ナデナデして!!」の合図
CIMG7277.JPG

              「ゴメンね、今から出かけなくちゃ」
    その朝、体を膨らませて待っている殿を置いて、私は去ってしまいました




      殿は当初の望みどおり、すっかり手乗り十姉妹になりました
        私を頼り、求めてくれます。殿には私しかいません

       CIMG7293.JPG


 
           「ただいま、殿、今日一日どうだった?」
帰宅すると、既に眠りに就いていた殿が、暗闇でモソッと、なでなでスポットに入り
    微かな声で鳴きました  「ブブブ・・ブイブイ・ブーイブーイ」
CIMG7686.JPG
     それは仲間を寝床に誘う声でした。よほど寂しかったのでしょう・・・・
 「長らく待たせたね、殿、朝ほんの少しでもイイから、撫でてあげればよかったね」


     どんなに忙しくても、疎かにしてはいけない大切な事がある
          それがなんなのか、何が大切なのか
       改めて自分自身に問いかけた、その日の夜でした
posted by chiaki at 19:18| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。