十姉妹『殿姫』の観察日記

2008年09月19日

抱卵ごっこ?

               今日も殿は寝床でモジモジモジ
       CIMG4922.JPG
         姫が入ってくると、殿は立ち上がり、餌場へGO



   そして今度は姫がモジモジモジ・・・同じ場所を引き続き温めます
CIMG5073.JPG
       自由時間を交互に取る、何とも不思議なライフスタイル

       
            でも君達、一体何を熱心に温めているの?
posted by chiaki at 01:36| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の『殿』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
毎日遊びに来ていて今日は沢山更新されていて元気な殿ちゃん姫ちゃんの姿が見れて、とても嬉しかったです。
2人の赤ちゃん、見てみたいですね〜
殿ちゃんは目が不自由でも雛の鳴き声を聞いて、ちゃんと子育てしそうですよね。
針金入りのチューブに少し前にきずいた時に「ナイス、アイデアだなぁ〜」って感心してしまいました。
針金だと自由に形が作れるしチューブだと手入れや、つかまり具合も良さそうですよね!
我が家の足が悪い白梵天の白ちゃんはリハビリ効果で上の方にある止まり木にも上手に止まれるようになりました。
でも滑りやすい所だと足が広がってしまってべチョ〜と しゃがんでしまいます。
私や子供にも、とても馴れてくれて放鳥すると必ず手か頭か肩にくるようになりました。本当に可愛いです。
不自由な事があっても必死で生きている姿を見ると心をうたれ勇気をもらえます。
こんなに小さな子なのに、とても大きな存在です。
本当に愛情いっぱいのブログですね。
Posted by ゆみこ at 2008年09月19日 02:14
コメント有難うございます!大変励みになっております!
毎日遊びに来て頂いてるのですか?
事情があって、数か月分溜めて更新しているブログなので、なんだか申し訳ないです。

殿姫の赤ちゃんですが・・残念ながら無理なのです。実は「姫」、男の子なのです。
お迎えして、命名してから判ったことなので、紛らわしいとは思いつつも、そのまま「姫」と呼んでます。

チューブの止まり木は、自画自賛の一品です。
お褒め頂いて、とっても嬉しく思います。ただ、一度カゴに固定すると、取り外しにくい事が難点なのですが・・殿にとって、いまや無くてはならない生活用品です。

梵天の白ちゃん、上手に止まれるようになったのですね。ペットショップだと、そうまで充分なリハビリは受けれなかったと思います。
雛のうちに、ゆみこさんの処へ来れたという、そのタイミングも、とても良かったのかもしれませんね。

小鳥って、とても可憐ですね。か弱き彼等を大切にすることは、とても深い意味が在るように思います。そんな気持ちを、今後ともブログに綴っていきたいと思います。


Posted by 管理人のCHIAKI at 2008年09月19日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106777069

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。