十姉妹『殿姫』の観察日記

2008年12月06日

おやすみ「殿」

            最近、殿は寝つきが悪くなりました

    就寝時刻が過ぎても、寝床の前でソワソワソワ・・・殿、一体どうしたの?
CIMG6103.JPG
     そういえば、暗くなると、いつも寝床から姫の声が聞こえてきてたっけね

        殿、耳を澄ましてごらん、ほら、今だって聞こえてくるよ



              るんるんブーイブイブイ・ブーブーブーるんるん
           「コッチだよ、コッチだよ、殿。一緒に寝よう」
posted by chiaki at 04:20| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
更新されたブログ読みました。
殿ちゃんの明るいほうへ向かって囀っている姿、小さいながらも懸命に生きている、という感じがしました。
動物を飼うということは、楽しいことばかりではないと思います。
でもその中で、私達は動物達から、いろいろなことを教えてもらえるのではないでしょうか。
白内障が進行してしまったようですが、殿ちゃんが元気でいられるよう応援しています。
CHIAKIさんもどうかお体大切に。
Posted by リュウ at 2008年12月06日 23:21
こんばんは
>ブーイブイブイ・ブーブーブー
>「コッチだよ、コッチだよ、殿。一緒に寝よう」

うちのチョコも同じ様に鳴いて呼んでくれます。
ちゃんと呼んで、誘導してくれるんですよね

我家のソイも寝る時間が遅くなって
起きるのも遅くなって、あまり明暗に左右されなくなってるのかもしれませんね
相方が起きたら起きて、寝るから寝るって感じです。

殿ちゃんにお友達のお迎えはしないのかな?
色々悩んじゃいますよね
自分もきっと悩みます。
でも、ひとつ分かったのは、
一人ぼっちのスズメの為に十姉妹をお迎えしたのですが
仲良くなれなくても、傍に安心して歌ってる声があると
とってもリラックスしてるみたいです^^

十姉妹を迎えるまでは、スズメは寝てばっかりで
あまり元気がなかったんですよ。

ソイにとって、チョコが大きい存在のように
殿ちゃんにとっても、姫ちゃんはとっても大きい存在だったんでしょうね
Posted by まめぼん○ at 2008年12月06日 23:41
★リュウさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます!!
お陰様で私は前向きな姿勢になり、ブログを再開する事ができました。
そしていつも、リュウさんからは大切な言葉を頂きます。
・・動物達を飼う中で、私達は色々な事を教わる・・本当にその通りに思います。
現に私は殿姫から「命の尊さ」を学びました。

「命の尊さ」既に聞きなれたその言葉はとっくの昔から理解してるつもりでした
楽しい事と悲しい事、全て覚悟の上で、お迎えした十姉妹、殿と姫のはずでした
なのに失った命は、想像より遥かに奥深い溝を、私の心に残してゆきました。

まだ殿の未来への方向性がつかめず、右へ左へ漂っているような私ですが、
とりあえずは、殿が健康でいられるよう出来るだけのお世話をし、
私の目に映る殿の姿を、カメラを通じ、ブログに写しだしてゆこうと思います。
殿を見つめ、応援してくださるリュウさんは、小さな殿の、大きな味方です。
Posted by 管理人のCHIAKI at 2008年12月09日 05:28
★まめぼんさんへ

こんばんは。
いつもブログ拝見しております。
初めてお伺いした時、伸び伸びとキッチンを飛ぶ雀さんの姿に衝撃を受けました。
野生の雀さん達と隔離された空間の中なのに、こぶたん、ちっとも寂しくなさそう
なのは、近くに十姉妹さん達がいるからだったんですね。
たとえ種を越えていても、うまがピッタリ合わなくとも、小鳥さん達にとっては、
側に空間を共有する仲間がいる事が、とってもとっても大切なんですね!

まめぼんさんのお家の様に、新しい友達をお招きするのが、殿にとって一番なんだ
と、私も思います。
ただ、新しいコをお迎えするのは、問題があるのです・・・。
実は我が家の事情で、いつまでも小鳥さんを飼えそうにないのです。
次にどちらかが先立った時、お迎えした子か、再び殿か、
残されたコに孤独のバトンが渡ります。その運命の辛い日が必ず迫ります・・・。

殿は毎日寂しそうです。その分、少しずつ手を慕うようになってくれました。
このまま手乗りとなって、孤独を紛らわせれる様になれればばイイのですが・・

ごめんなさい、まめぼんさん、長い迷い文を綴ってしまいましたが、
今だ結論に辿り着いていません。

姫はいなくなってしまいましたが、
チョコちゃんは、いつまでもいつまでもソイちゃんの側にいてくれますように☆
Posted by 管理人のCHIAKI at 2008年12月09日 05:28
こんにちは。
うちのスズメは怪我して死に掛けていたのを
旦那が保護してきたのですが
ぐったりしてて、親スズメに突かれて餌になるところだったそうです。
そのせいか、どんなに窓を開放したままでも
キッチンから出ることがなく
外のスズメが入ってきても、一緒に出て行くこともないんです。
他のスズメが怖いのかと思います。

私のコメントで悩ましてしまったらごめんなさい。
謝らないでください><
殿ちゃんだけになって、新しいコの事を考えて悩みそうって思って
自分がもし同じ立場になったら?って考えたら
自分も悩んじゃって。。

殿ちゃんだけでもCHIAKIさんの所なら
とっても幸せな生活をおくってると思います。
飛び出た小松菜に引っ掛かって立ち往生してるのを気付いてあげれる飼い主さんだもの
幸せじゃないはずはありません
Posted by まめぼん○ at 2008年12月09日 12:38
★まめぼんさんへ
こんばんは。
ごぶたん、訳ありとは思っていましたが、まさか親雀から攻撃を受けてたなんて、
しかも餌だなんて・・それが厳しい自然界に生きる雀達の掟なのでしょうか?
それでもあまりに酷い、とてもショックです。
雀達と距離を置くごぶたん、
その時の怖さを心の何処かに背負っているかもしれませんが、
今は居心地良いキッチンで過ごせていて、とても幸せな雀さんだと思います。

新しいお友達の件、どうか気になさらないで下さい。
まめぼんさんのコメントで、悩んだ訳では決してないのです。
いつかは避けては通れない、最後の一羽の問題は、
元々、ずっと以前より頭の片隅にありました。
たまたま殿を前に、現時点で直面してしまいましたが、
後悔の無いよう向き合って、今後、ブログ内でも触れて行こうと思います。

曖昧で、立ち止まりがちなブログになりそうですが、
今後とも、何かとアドバイス下されば幸いです☆
Posted by 管理人のCHIAKI at 2008年12月12日 02:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。