十姉妹『殿姫』の観察日記

2009年02月27日

雀さん

               
            殿 「外はピューピュー風の音、冷たい雨が地面を叩く」

  「こんな朝は、何かが足りない。 そう、空を飛び交うの雀さん達の声が無い」

「僕は羨ましくって、窓越しにピーピー呼びかけた。返事なんか一度も無かったけど」
              
        「いつも雀さん達から、元気を分けて貰って生きてきた」
CIMG6970.JPG

              
           「きっと腹ペコ雀さん、濡れた羽に凍える体」
         
     「太陽さん、どうか太陽さん、どうか明日は大地を照らしてください」

            「みんなみんな、震えながら待っている」





先週、TVで、雀が減ってきたという報道がありました。
私は雀が大好きです。 本当に、子供の頃から大好きです。
春にはカワイイ雛達を見せてくれます。
ですがその多くが、冬を越せずに飢えて息絶えるといいます。

害鳥として、駆除され続けてきた歴史を背負いつつも、人間の元で生活し
逆境の中を生き延び、その命を子孫に繋げてきた彼等の姿は逞しく
私は寒空を飛ぶ雀達を目にする度に、秘かに応援してやみません。




posted by chiaki at 13:06| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雨や雪降りの日は、雀さんも飛びまわれなくて
お腹空かしてますよね

うちはそんな日は、窓際に鳥達の残り餌を器に入れておくと
餌場には屋根があるので、羽をそんなに濡らさなくていいから
ここぞと近所の雀がやってきます。

自分が住んでるところは、大きな公園があったり
野鳥好きの方も多くて餌台も多くて
住みやすく沢山の雀たち野鳥がいますが
カラスによるゴミ捨ての徹底とかで
影響もでてるみたいです。

横浜には沢山の鳩もいましたが
ゴミ捨て場の徹底により、カラスの餌が減り
カラスが鳩を襲い鳩が激減しています。
雀は小ささとすばしっこさでまだ被害は少ないですが、鳩が減れば雀も狙われるのかと思うと
人の勝手で鳥達は増えたり減ったりで
胸が痛くなりますね
Posted by まめぼん○ at 2009年02月28日 01:00
★まめぼん。さんへ
こんにちは!!
カラスが鳩を襲う事は、聞いた事があるのですが、
横浜でそのような事になっていたとは知りませんでした。胸が痛いです・・
カラスが荒らすのを知りながら、ゴミを無防備に捨ててきたのは人間ですよね。
綺麗事になるかも知れませんが、動物達への配慮がもう少し有って良いと思います

鳩は私の地域にも沢山います。よく近所の公園で、膨らんで日向ぼっこしてます。
その側には「鳩に餌をあげないで下さい」の看板が目立ちます。
古い記憶なのですが、ある地方で、増えすぎた鳩対策に、こう掲げたそうです。
「日常的に鳩に餌を与えている人たちは、少しずつ、量を減らして下さい」
その結果、鳩は急な飢えに見舞われること無く、自然と数が減っていったそうです。

今まで私は、近所迷惑になる事を恐れ、雀に餌をあげれませんでした。
ですが最近、考え方が変わりました。そうです、ちょっと工夫すればよいのです。
私の通勤路に、雀が砂浴びしている空き地があります。
あそこなら、誰にも迷惑を掛けずに、そっと餌を置けるかもしれません。
いつもでなくとも、雨の日や、寒い季節に、ささやかな助けが出来れば嬉しいです。
Posted by CHIAKI at 2009年03月01日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。