十姉妹『殿姫』の観察日記

2009年05月29日

焼砂騒動A

     殿は最近、不自然な位に力みます。そしてその割には小さなウンチ
         心配になって、病院でレントゲンを撮ってもらいました
CIMG6688.JPG
すると骨格標本のような画像のお尻部分に、焼砂らしき影が多量に映っていました


       焼砂? 本来、体内に留まり消化を助けると言われる焼砂?
CIMG7608.JPG
      焼砂は放鳥タイムに必ず下に捲きました。 殿が喜ぶからです
           私は、与えすぎてしまっていたのでしょうか?


    そういえば、あの日、初めて焼砂を与えた時のザラララ。。という砂の音。
               それが頭をよぎって仕方ありません
      CIMG7633.JPG
  ですが診察の結果、確信をつくまでの原因は、結局突き止められませんでした
  とり合えず焼砂はストップです。今後、少しづつ体外へ排泄されるとの事です



今回の通院で、得たものは大きいです。ただ、往復を含め5時間を費やしました。
そして無理な体勢でのレントゲン撮影。殿は疲れたことでしょう。
移動中、殿は剥製のように緊張し、水もろくに口にしませんでした。
小鳥に詳しい病院が、遠くにしかないというのは、緊急時を思うと、心配です。

殿は今日も、変わらずに元気です。
どうかこれからも、こんな日が続きますように・・・。




posted by chiaki at 18:21| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小鳥が普段と違う動きをしていると、飼い主としても心配になりますよね。
電話帳で調べると動物病院って色々ありますが、小鳥の専門となると少ないですね。
幸い現在飼っている文鳥は病院にかかったことがありませんが、前の十姉妹では2,3回かかりました。意外とお金がかかりましたが、惜しむわけにもいきませんし。
殿ちゃん、お大事に。
Posted by リュウ at 2009年06月01日 00:13
★リュウさんヘ
近所の病院を何軒か巡りましたが、詳しい検査は受けられませんでした
小鳥の治療は、難しいだけでなく、需要が少ないのでしょうか・・。
今回の通院費用は、殿の仲間を10羽は、お迎えできる金額でしたが
逆に、生体の値段が安すぎるのかもしれません。
殿は大切な家族ですので、出来る限り、手を尽したいと思います。
Posted by CHIAKI at 2009年06月06日 09:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120444704

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。