十姉妹『殿姫』の観察日記

2009年04月29日

リンリンリン

                   天井に吊るした鈴の音
          放鳥タイムのチャイムとして、ずっとお世話になりました
              今は寝床に移動して、殿の大事なお友達

CIMG6662.JPG

     陽射の中から 「 リン!リン!リン!るんるん  叩く様な音が響いたら
              それは殿が、鈴と楽しく遊んでるから

     夜、暗闇から 「 リン・・リリン・・るんるん ささやく様な音が聞こえたら
              それは殿が、鈴と添い寝しているから

          CIMG6665.JPG

               触れると必ず答えてくれる鈴の音
                   殿の大事なお友達るんるん



posted by chiaki at 23:44| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 小鳥のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

焼砂騒動

       放鳥タイム、砂浴び用の焼砂を、殿の足元に捲きました

       初めて出合った焼砂に、殿は夢中になってパリ・ポリ・パリ・・
       CIMG7721.JPG
    遊ぶ訳ではなく、ただひたすらにパリポリパリ・・殿、砂って美味しいの?


          その後、殿のお腹からザラララ。。。と砂の音
CIMG7684.JPG
    まるで波のように、一定の間隔で、 ザラララ。。。。。ザラララ。。。

     焼砂は食べてもOKらしいけど、それでもちょっと食べ過ぎた?
        

               殿に何かあったらどうしよう


                  どうしよう       

                どうしようがく〜(落胆した顔)exclamation×2


          その砂の音は夜通し続きました。  そして翌朝・・・・




             殿 「るんるん・・・ブブブ・・プキャップキャッるんるん
         CIMG7751.JPG
     殿は砂をたっぷり含んだ糞をしました。 いつも通り、至って元気ですわーい(嬉しい顔)



posted by chiaki at 09:44| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 小鳥のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

帰ってきた藁ゾーン


殿 「今日ね、いつもの一本道で、プーンと藁のイイ匂いがしてきたんだ」
CIMG7796.JPG
「嘴でツンツン、やっぱりこの小部屋は、僕の知ってるバードバス」


     「食後、僕は再び立ち寄って、一本咥えて、寝床に持ち帰った」
CIMG7768.JPG CIMG7764.JPG
        「距離が近いから、僕にだって落とさず運べたよ手(チョキ)


「お帰りバードバス、今まで一杯水浴びしたね。これからは僕のおもちゃ箱」
CIMG7802.JPG
      「るんるんおもちゃのチャチャチャ  おもちゃのチャチャチャるんるん

       「るんるんチャチャチャおもちゃの チャッ・チャッ・チャッるんるん



posted by chiaki at 00:45| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 小鳥のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

殿の背中

      放鳥タイム、鈴を鳴らしてカゴを開いても、殿は自分から出なくなりました 
                 私は半ば強引に連れ出します
       CIMG6917.JPG
出たら出たで、ジャングルジムを、登ったり降りたり、それなりに楽しんでくれます


決して飛ぶことは無くなったけれど、野鳥達の声がすると、遠くに向って叫びます
CIMG7136.JPG
そんな殿の背中は、世界中でたった一羽の捕われの身のように、私の目に映ります


殿、どうすれば君に伝える事が出来るだろう
この世界には、君のように、カゴで生きている小鳥達が、数え切れない程沢山居るよ
その中には白い瞳の仲間達もいて、きっと今も同じ様に、窓の光を見つめているよ


posted by chiaki at 09:36| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

模様替え・失敗

     殿 「前回の模様替えで、僕は思う存分に藁遊びができたんだ」
      CIMG7643.JPG
             「でもね、やっぱりね、気が付いたらね」


          「ついその場所で、餌入れを探してしまってるんだ」
         CIMG7666.JPG
     「頭ではちゃんと理解してるんだよ、反対側に移動したんだって」   


「すると翌朝、配置が元に戻ってたんだ。1日限りの模様替え、あれは夢だったの?」
CIMG7745.JPG
   「まあイイや・・僕は深く考えるのを辞めて、いつもの日常にもどったのさ」





殿は見えなくなってからも、様々な環境の変化を受け入れてくれました。
・・・Ω水浴び器、はむぽかハウス、床の放鳥・・・
しかし、今回の配置換えは、多少無理が有ったようです。

見えていた頃のカゴ内部のイメージは、簡単に塗り替えられるものではなく、
恐らく今後、時間を重ねて、慣れていったとしても、
体に刷り込まれた配置と、新しく頭で学習した配置とのギャップを、
心の何処かで、感じ続けるかもしれません。

今回の模様替え、殿を振り回してしまい、申し訳なかったのと、
そして皆様、お騒がせ致しました。


posted by chiaki at 16:57| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 小鳥のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

藁ゾーン

殿「僕が外で水浴びするようになってから、バードバスは設置されなくなったんだ」
CIMG7683.JPG
          「そしたら、その場所に餌入れが移動してきた」


「飼い主さんのこの行動信じられる?だって、僕、見えないんだよっ!暴挙だよね」
CIMG7676.JPG
      「記憶の映像を頼りに生活してる僕は、とっても混乱したんだ」


 「でもね、実は原因は僕なんだ。最近僕は藁探しに、頻繁に下に降りるようになって
  嘴を地面に滑らせて探すものだから、ウンチが嘴につくこともしばしば・・・・」
       CIMG7520.JPG 
      「飼い主さんは、それが気になってしょうがなかったらしいんだ」


「そこで餌場を移動して、生活圏から隔離された、遊び用の空間を作ったわけなのさ」
CIMG7672.JPG
「沢山の藁が敷き詰められたその場所は、確かにウンチの落ちない聖域となった」


「更に夏はこの場所、止まり木を伝ったまま入れるプールを構想中なんだって」
posted by chiaki at 15:21| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 小鳥のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

殿のお留守番

            「じゃあね殿、行ってくるね」 

   私の声を聞くと殿は、スーイスイと寝床に移動して、定位置にたたずみます
          これは「ナデナデして!!」の合図
CIMG7277.JPG

              「ゴメンね、今から出かけなくちゃ」
    その朝、体を膨らませて待っている殿を置いて、私は去ってしまいました




      殿は当初の望みどおり、すっかり手乗り十姉妹になりました
        私を頼り、求めてくれます。殿には私しかいません

       CIMG7293.JPG


 
           「ただいま、殿、今日一日どうだった?」
帰宅すると、既に眠りに就いていた殿が、暗闇でモソッと、なでなでスポットに入り
    微かな声で鳴きました  「ブブブ・・ブイブイ・ブーイブーイ」
CIMG7686.JPG
     それは仲間を寝床に誘う声でした。よほど寂しかったのでしょう・・・・
 「長らく待たせたね、殿、朝ほんの少しでもイイから、撫でてあげればよかったね」


     どんなに忙しくても、疎かにしてはいけない大切な事がある
          それがなんなのか、何が大切なのか
       改めて自分自身に問いかけた、その日の夜でした
posted by chiaki at 19:18| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

雀さん

               
            殿 「外はピューピュー風の音、冷たい雨が地面を叩く」

  「こんな朝は、何かが足りない。 そう、空を飛び交うの雀さん達の声が無い」

「僕は羨ましくって、窓越しにピーピー呼びかけた。返事なんか一度も無かったけど」
              
        「いつも雀さん達から、元気を分けて貰って生きてきた」
CIMG6970.JPG

              
           「きっと腹ペコ雀さん、濡れた羽に凍える体」
         
     「太陽さん、どうか太陽さん、どうか明日は大地を照らしてください」

            「みんなみんな、震えながら待っている」





先週、TVで、雀が減ってきたという報道がありました。
私は雀が大好きです。 本当に、子供の頃から大好きです。
春にはカワイイ雛達を見せてくれます。
ですがその多くが、冬を越せずに飢えて息絶えるといいます。

害鳥として、駆除され続けてきた歴史を背負いつつも、人間の元で生活し
逆境の中を生き延び、その命を子孫に繋げてきた彼等の姿は逞しく
私は寒空を飛ぶ雀達を目にする度に、秘かに応援してやみません。




posted by chiaki at 13:06| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

Ω(オメガ)水浴び器

 
        殿 「ここんとこ、僕は水にポチャンするのが怖くなった」
       CIMG6764.JPG 
         「だからいつも、顔だけ洗って水浴びは終了さ」


         「そしたら今日、変な場所へ連れて行かれたんだ」
CIMG7333.JPG
       「右へ行ったら行き止まり、、左へ行ったら・・・・・

               ・・・・・・・・いつの間にか、足はチャプンと水の中」
CIMG7346.JPG
      「最初は状況がわからなくて、ジッと固まってしまったんだけど」


CIMG7348.JPG  
                        なんとなく

       CIMG7363.JPG 
                              分ったんだ

      
             CIMG7392.JPG
                        そしたら飼い主さん大はしゃぎexclamation×2       



この不思議な止まり木、僕に、さりげなく入浴させるのが目的だったらしいんだ
CIMG7400.JPG
       いつも僕の為に、色々と作ってくれて嬉しいけど、 
         僕はその度に戸惑っちゃうんだよねあせあせ(飛び散る汗)


posted by chiaki at 19:51| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 小鳥のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

強くなれ!!

         殿は最近、頻繁に地面に降りるようになりました。
CIMG7203.JPG
      そして帰り道が見つからず、困ってソワソワする事もしばしば・・

  そんな場面を見ても、私は助けません。手を貸したい気持ちをグッとこらえます



             常に側で守ってやれるわけではないから・・・
             いつも一緒にいてあげれるわけないから・・・
        CIMG7212.JPG


                だから強くなれ、殿、強くなれ!!
                  CIMG7213.JPG

                  自分を頼りに出来るように


         
posted by chiaki at 12:22| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 「姫」に贈る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。